So-net無料ブログ作成
検索選択
つわり ブログトップ

つわりピーク時に乗り切る3つの技 [つわり]

つわりのピークは妊娠初期に始まり、

安定期に入る頃には、徐々に軽くなって

通常の生活ができるようになってきます。

ひどい人は、吐き続けて、体重が5キロ

減ってしまう人も中にはいらっしゃるようです。

そうなってしまうと入院となってしまいます。

たとえ入院したからといってつわりからは

逃れられませんので、

そのようにならないよう、あらゆる手段を
使って、乗り切りましょう。

一番いけないのは、

食べないこと。

なので、どこかでたべられそうな

タイミングで、何でもいいので、

口にすることが大切ですね。

食べられるものなら、この際

何でもOK。

つわりで気持ち悪い状況を

なんとか乗り切る最適な食べ物を

探すとよいと思います。私の場合は、



口に含んでいると、ぴたっと

吐き気が止まりましたよ~。

口の中が冷たくなると、

吐き気が止まって楽になれる

ひと時でした。

もし食べることができない程

ひどいときは、ポカリスエットや

豆乳といった飲料系を

凍らせて口に含むといいのかも。


ソース焼きそばを食べている時も

よかったです。

ビタミンB6がいいとわかって、

それがあったから、

それほどひどいつわりにもならなくて

済みました。

あとは、家でゆっくり過ごせる主婦でしたら、

妊娠中は、ひとつのことをやって、

休む。

またひとつのことをやっては、

休む。

といったふうに今までてきぱきと家事を


こなすことをやめていいと

許可を出してあげましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

妊娠初期のつわりがひどい人は、あのビタミン剤で緩和 [つわり]

つわりがひどくなってしまってからでは、

軽くするのは、大変。

つわりが出たと思ったら、

やらなければならないこと。

①情報を集めて、色々試してみましょう。
 
私の場合
18年前の育児書では、ビタミンB6がつわりに

いいと書いてあり、ビタミン剤を利用しましたよ。

すごく効きがよく、つわりで吐くことはなくなりました。


②楽しいことや集中できる趣味をしよう
寝食を忘れるくらいの楽しいことをやっている

瞬間は、とても楽しい気分です。

楽しい時間を過ごしている時、
気分は、上がるので、同時につわりが
くることは、私の場合、なかったです。

家事をされている人は、集中してやる家事労働
、例えば、壁の落書きを丁寧に落とす作業
といった集中すると痛みが緩和するようです。

③笑顔
体のどこかが痛い時、つくり笑顔を
たたえると、それだけで、
痛みが減ったことってありますか?

また、笑ってジョッギングしたほうが、
タイムが伸びたということはありませんか?
笑うって薬なんですかね。

実態権で、痛みや、辛さは、笑っている瞬間は、
なかったりします。


④たべられそうなときは、食べる

つわりには、波があるかと思います。
その波が比較的楽な時に、食べられそうな
ものを食べておくと悪循環に陥ることは
なさそう。

食べないのが悪循環につながってきます。

食べられないからといって、食べないと
余計ほんとに辛いです。

液体しか食べられないという場合でも
液体状のものを食べて乗り切りましょう。

ほんとに辛いつわりが来ても、

以前に食べた何かが、あなたを
支えてくれるので、

頑張って食べましょう。



つわりは、出産後は、なくなってしまいます。


毎日を上手に過ごすこつを得て、乗り切りましょう。

つわりで食欲はないから食べないというのは、
一番わるいです、




妊娠中の食事でカップラーメンを毎日食べたいなら、この方法で!! [つわり]

カップラーメン

食べたくなりますね。

特に妊娠初期は、つわりがあって、

ご飯が炊ける匂いも

気持ち悪いのもあって。

日清焼きそばUFO

が大のお気に入りで、

よく食べてました。

「いけないわ~」

と反省しつつも美味しいので

手が伸びてしまいますね。

ストックしているUFO

が頭から離れないですもん。

しかし、このインスタントラーメンって、

そんなに悪ではないと思うんですよ!!

問題は、塩分過多。

毎日食べたい時は、

1個のインスタントラーメンや焼きそばを

小分けして、冷凍してみては

どうかな~って。。。




数日に分けて食べる

いいと思うんです。

そうは言っても、やってませんでしたけどね(^O^)

お弁当に入れる、冷凍惣菜のように、

小分けにして、

ちょっとだけ味わってみては








つわりで仕事をこなすこつ [つわり]

つわりでも休まず仕事をこなすにはについて書きたいと思います。

結論から言うと、つわり以外に妊娠に問題が出てくると仕事もできなくなってしまいます。

妊娠が順調ならば、出産を迎えるまで仕事が出来るわけですからとても恵まれていると思います。

出産後、育児休暇をもらって職場復帰したいと思うのであれば、数ヶ月の間のつわりをなんとか乗り切りたいものですね。

ですから、気力も体力も維持するために、やはり栄養を欠かさないことが重要です。

自分が食べやすい食べ物で仕事中の辛い時間を乗り切りましょう。

比較的、冷たい食べ物は受けつけやすいですよ。

ヴァームが私は、好きでした。

食べ物から取り入れる場合、匂いがダメだと思ったら、思い切って、冷凍してみましょう。

日頃から、食べ物を凍らせて食べる人が普通にいらっしゃいますが、

以外とパクパクいけるかもしれません。

体に栄養がないと疲れが入ってきて、つわりと付き合う余裕さえなくなってしまいます。

そうなると、つわりのことしか考えられなくなって、一生つづくわけもないつわりに負けて仕事をやめる選択をしてしまいかねませんね。

きもちが沈むとつわりが増幅してきます。

あれを買いたかった。
あれを見たかった。
あそこに行きたかった。
あの人に会いたかった。
あれをやってみたかった。

気がついたら、つわりのことを忘れていた。という位の自分の欲求を解消することを思い出すのもいいかもしれません。

私の場合、友達と会う。
氷を食べる。
外に出る、一歩踏み出すと、太陽や空気が以外と助けてくれます。歩くことは、ストレスを解消してくれますから、適度に歩く機会が少ないなぁと思ったら、歩いてみましょう。
家の中で気になっていた壁の汚れに立ち向かっていました。気がついたら、延々1時間壁の汚れを見つけてはゴシゴシしていました。

食欲ない人は、今食べたいものを食べましょう。あんこだってケーキだって、いいんです。
今したいこと、食べたいもの、興味に向かって生きていくことが乗り切るこつですね。

images.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
つわり ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。