So-net無料ブログ作成
検索選択
アレルギー ブログトップ

妊娠 食物アレルギーにさせない食事 [アレルギー]

妊娠中に、気を付けないといけない

妊婦さんの食事って、あまり大声で

言われてないけれど、

やっぱりあるみたいで。

しっかりとしたデータもないまま

食物除去食をすすめられないからなのかな。

しかし、どこかのブログで、アレルギー源の

食べ物は赤ちゃんに影響すると書いてあったので、

やっぱりそうかと思っています。



量を取りすぎると、

赤ちゃんに影響するみたい。

赤ちゃんにとっては、一生の問題なので

気をつけてあげたほうがいいに決まってます。

という事で、参考までに

牛乳 たまご 大豆

には、気をつけたほうがいいみたいです。


牛乳というのは、乳製品全て含まれますよ~。

量の問題なので、明らかに飲みすぎの量は、

1日 400CC

だと思って、

影響のない牛乳の量を考えると

私は、まず購入していなかったけれど、

ヨーグルトを少し食べていましたね。

1日おきに100ccぐらい。

結果、牛乳アレルギーは出ませんでした。

400cc飲んでいた友達の赤ちゃんは、

牛乳アレルギーになっていました。


たまごは、毎日朝から食べていたので、

我が子は、悲しいかな、たまごアレルギー

になっちゃいました。

最後に大豆~

これは、相当量を食べないことには、

アレルギーにならないのかな。。

豆腐を食べていましたけど、

これは、だいじょうぶでしたよ~。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

NHK アレルギー根本治療 [アレルギー]

スギ花粉症,アトピー性皮膚炎,食物アレルギー,動物アレルギー

アレルギーに悩まされる日々がもうすぐ終わるかもしれない。

根本治療の可能性も夢ではなさそうです。


馬小屋に遊びに行く子供達は
圧倒的にアレルギーをもつ子どもが少ないという

話です。


調べてみると、子供達の血液中にTレグという
免疫細胞を持っていたのですね。

このTレグを多く持っていると、様々なアレルギーに抵抗力を
持っていることがわかったので、
今、このTレグをどのようにして、血液中のTレグを増やせるかが
課題となっているそうです。

このことについて、長崎新聞健康欄http://www.nagasaki.med.or.jp/n-city/health/news/health120206.html

でも紹介されています。

赤ちゃんのときに何ができるでしょうか。

将来アレルギーに悩まされない子供に育って
ほしいものです。

近くに馬がいるならばそこへ毎日連れて行くのは
とてもいいですが、近くに馬がいないのでアレルギー
になりやすいですね。

娘は高校生になりましたが、回りのお子さんで、赤ちゃんの時から
犬を部屋で飼っている子供は、

アレルギーがなかったような感じはします。

うちの子の場合、幼稚園の時に、部屋で烏骨鶏を
飼ったのですが、アレルギー性鼻炎になり、
それ以来、うさぎを飼ってもアレルギー性鼻炎
がひどいので、現在は、動物を飼っていません。

動物アレルギーに一度なってしまうと、今のところ
避けて通るしか方法はないようです。

また、赤ちゃんの時に全身に保湿剤を塗って
皮膚を乾燥から守ることは、将来アレルギーに
ならないための親ができることのようです。

乾燥した皮膚に、異物が混入すると、免疫細胞が
働いて、攻撃をしかけて、アレルギーを引き起こす
そうなので、保湿には心がけたいものです。

近年、イギリスでは、ピーナッツオイルを使った保湿剤
を塗って、アレルギーになった報告があったようです。

今のところ、アレルギーには、対処療法が主流ですが、
この先、根本的治療が進むそうなので、

期待したいです。





タグ:アレルギー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

馬小屋で昼寝すると、アレルギー疾患が無い子供に育つ [アレルギー]

清潔な日本にあって、途上国の子供にない病気って?

「アレルギー」なんですって。

なるほど。。。

途上国の不衛生な国で、アレルギーに悩んでいるという子供は、いないらしいのです。
そういった子供達は、肥溜めの横で、う○こまみれで遊んでいるとか。

ヨーロッパの田舎の子供たちで、幼少期、赤ちゃんの時は、お昼寝を馬小屋で、遊ぶのも馬小屋で遊ぶんでいる子供には、アレルギーがなく、反対に、そういう生活をしてこなかった子供には、アレルギーがある。
ということに気がついた研究者がいたそうです。

その研究者が調べてみたところ、

糞からでてくる、ある物質が馬小屋の空気中に漂っているそうです。そこへ子供達が遊びにくる。

それで子供達の洋服や髪の毛にある物質が付着。そのまま家に帰宅。そして、寝室の布団に付着。
この連鎖が、知らず知らずして、アレルギー防止によかったということらしいのです。

日本でも、馬と触れ合う場所ってありますよね?
馬小屋に遊びに行かれてみては?

馬小屋.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

0歳から保湿 アレルギー抑える可能性がある [アレルギー]

赤ちゃんの時に保湿クリームを塗っておくだけで、食物アレルギーアトピーもなくなるという画期的なニュースが朝日新聞に掲載されていました。

KIMG0220.JPG

生まれた直後から皮膚の保湿を続けていることで、アトピー以外に食物アレルギーの両方に効くということらしいのです。

そんなことで、守られるのかと思うと、本当に驚きです。

アトピーで長年つらい思いをしている人にとっては、ほんとに画期的なことですね。

これから生まれてくる赤ちゃんいとっては、このニュースは必見です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
アレルギー ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。